生子(いきこ)神社 泣き相撲

2017年09月24日(日)

子供の健やかな成長と、無病息災を祈願して開催されている奇習(伝統)行事。安産子育ての守護神を祀る、生子神社の境内で行なわれます。役員氏子がまわし姿の力士に扮し、東西から幼児を抱きかかえ土俵に上がります。そして、掛け声と共に頭上高く3回ほど持ち上げて取り組ませます。昔から「泣く子は育つ」と言われているため、先に泣いた方が勝ちとされています。(現在では、お祝い事のため、両者勝ちとなります。)

○期間・内容
  毎年9月19日以降の最初の日曜日に開催されます。[雨天決行]
開催日:平成29年(2017年)9月24日(日)
時 間:午前9時〜午後4時(受付は午前8時〜)
参加費:4,000円(当日申し込んで、ご参加いただけます。)
参加年齢:生後6ヶ月位の首の据わったお子様〜3才位まで
【国選択無形民俗文化財指定】
○場   所
  生子(いきこ)神社
栃木県鹿沼市樅山町1167【電話無し】
○交通ガイド
  東武日光線樅山駅から徒歩12分
東武日光線新鹿沼駅(特急スペーシア停車駅)からタクシーで10分
東北自動車道鹿沼I.Cから車で15分{駐車場:約200台(無料)}
○問い合わせ
  鹿沼市観光物産協会{屋台のまち中央公園内(鹿沼市銀座1丁目1870-1)}[月曜日(祝日を除く)と祝日の翌日は休園日]
電話:0289−60−6070
     
     
情報提供:鹿沼市観光物産協会